福 岡「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

志賀島のメガネカリーさんへ

市街化調整区域内で営業されているお店の

グルメレポートをつらつらと

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170818100001j:plain

今回おじゃましたのは、コチラ

「メガネカリー」さん

志賀島の商店街を入ってすぐにありますよ。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170818100052j:plain

 オープンしたてのおしゃれな内装

(オーナーさんがDIYで造られたとか)

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170818100205j:plain

注文したのはメガネカリーさんの看板メニュー

「チキンカリープレート」

志賀島で採れた、お米やお野菜を使ったスパイシーなカレーです。

新鮮なパクチーがたっぷり添えられていて、パクチー好きにはたまりません!!

なんともクセになりそうー

 

ところで、こちらの「メガネカリー」さん

市街化調整区域の規制緩和の制度を利用しての出店のようです。

 

規制緩和による代表的な施策事例として注目させていただきたいと思います。

 

 

メガネカリー (MEGANE CURRY)

福岡市東区志賀島 590

11:30~20:00 (※カレーがなくなり次第終了)

定休日 月曜日・火曜日(祝日の場合は営業し、翌日がお休み)

https://www.facebook.com/meganecurry/

潮見公園からの展望

志賀海神社をあとにして、今度は一路、潮見公園へ

 

志賀海神社から車で10分弱くらいでしょうか(測っていないので分かりませんが)坂を登った山の上に潮見公園はあります。

f:id:fukuoka-shigaika:20170817144624j:plain

潮見公園の入口です

自転車でここまで来られているチャリダーもチラホラ

結構いいトレーニングになるんでしょう。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170817144802j:plain

こちらは潮見公園からの展望。

能古島の先には、うっすらと糸島半島が。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170817144933j:plain

海の中道の先には、百道浜の海岸線がみえます。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170817145118j:plain

潮見公園をあとにして、志賀島の反対側、勝馬地区のほうに降りてきました。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170817145243j:plain

休暇村志賀島のすぐ横には、きれいな海水浴場が

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170817145456j:plain

サーフィンとか、楽しそうですね~

 

志賀海神社にお参り

ブログのタイトルが「福岡市街化調整区域探訪」ということなので

今日は東区志賀島ぶらり探訪をつらつらと・・

 f:id:fukuoka-shigaika:20170816220434j:image

志賀島は、全島が市街化調整区域に区分されています。

(西区の能古島も全島市街化調整区域です)

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170816200237j:plain

で、まずは志賀海神社にお参りしました。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170816200132j:plain

参拝の前には御潮井を左、右、左と軽くふって身を清めてから・・

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170816200441j:plain

 鳥居をくぐって、いざ境内へ

f:id:fukuoka-shigaika:20170816200534j:plain

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170816200642j:plain

 

 

山の中腹に鎮座する志賀海神社、趣きのある境内からは博多湾が一望できます。

駐車場も十分に完備されていますし、志賀島バス停からは徒歩10分程度とアクセスは抜群です。

志賀海神社は、年に大小あわせて70のお祭りが行われている、とっても、活気に満ちた神社なのであります。

 

 

市街化調整区域の通勤事情

福岡市は、「平均通勤、通学時間」が34.5分と7大都市圏中もっとも短く

世界40都市中の「通勤、通学の利便性」にいたっては、シンガポールに次いで第2位となっています。

これだけをみても

福岡市は、世界に誇るコンパクトシティといえそうです。

 

それでは、市街化調整区域の通勤事情はどうでしょう

 

以下の図は、福岡都心部天神からバスや鉄道などの公共交通機関を使っての時間到達範囲を表したものです。

f:id:fukuoka-shigaika:20170815114953p:plain

 

市街化調整区域の地区は軒並み赤色(60分より大)でマーキングされています。

これだと 市街化調整区域からの通勤先が天神周辺だとすれば

通勤時間は60分程度かかることになります。

 

この状況をどのように捉えるかは人それぞれだと思いますが

市街化調整区域における都市までのアクセスの不便さという課題は、今後色々な側面から検証するべきかなと思いました。

 

 参照:財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整茎の施策に関する研究(中間報告)』平成21年3月 

    Fukuoka Facts データで分かるイイトコ福岡

第3回 市民研究員 定例会

3回目の市民研究員定例会が開催されました。

 

今回は、市職員の方々から

「福岡市の都市政策

「クリエイティブ産業による地域活性化

というふたつのテーマに添った内容のレクチャーを受けました。

 

では、レクチャーを受けての感想を・・

 

「福岡市の都市政策については

今後、福岡市が目指す将来像「アジアのリーダー都市」

単純な規模の追求ではなく、

成熟した都市のあり方をアジアに向かって発信する所にキモがある!

(かなり抽象的な表現ですが・・)

という風に捉えました。

 

「クリエイティブ産業による地域活性化については

個人的には「ナイトエンタメ」「ナイトタイムエコノミー」

というキーワードが面白いなぁと思いました。

日中のサービスは飽和しているので、ターゲットを夜間に向けるということでしょう。

実際に飲み会のあとのエンタメってカラオケくらいしか思いつきませんし(カラオケだけでも十分おもろいですけど)

 

夜もおちおち寝てられないですね。