福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

つぶやき

「たのしい」という感情について

「たのしい」は 「ディズニーランドは楽しい」とか「飲み会はたのしい」など自分自身がその対象に「参加」したときもしくは「体験」したときに感じる感情であるといえる。 しかし、ただ参加するだけでは「たのしい」とはならない。「たのしい」はその対象に…

「まごや」で昼食

市街化調整区域にある食堂で昼食をしよう!! と思いたち早良区脇山にあるこちらの食堂 うどん、そば、丼の「まごや」さんにお邪魔しました。 こちらの「まごや」さん この地で30年近くお店を開いているとのことです。 年季は入っていますが、店内は清潔感…

「楽しい」とは

市民研究員として 福岡市の市街化調整区域について 研究します。 で、その研究テーマは 住んで、来て、楽しい、福岡「市街化調整区域」のまちづくり なんです。 市街化調整区域にお住まいの方、市街化調整区域に遊びに来られる方、もしくは移住されるかたが…

福岡マラソン

晴天に恵まれた福岡マラソン 走りました! 絶好のマラソン日和でした。 ・・僕の足は悲鳴をあげていましたが・・ なんとか無事ゴールまでたどり着きました。 ありがとうございました。 福岡マラソンは、天神を出発して糸島までの42.195キロのコースです。 そ…

市民研究員 中間報告会

11月7日は、市民研究員の中間報告会でした。 各市民研究員の皆様、お疲れ様でした。 皆様、完璧なプレゼンで、3月の最終発表が大変楽しみです。 で、私のテーマ 「住んで、来て、楽しい福岡市街化調整区域のまちづくり」 についてのプレゼンですが・・・…

市街化調整区域のジレンマ

市街化調整区域は、人が住まないようにしている区域 であるといえるかもしれません。 それはまるで 「人は市街化区域に住んだほうがいい」。 「人は大きな自然を背に都会に寄り添いあって住むべきだ」。 そうあるべきだと・・ 市街化調整区域には様々な規制…

第8回 市民研究員 定例会

いよいよ、来月の11月7日は中間報告会です。 中間報告会は、市民研究員各々の現時点での研究成果を発表する場です。 今日(10月24日)は、そのための予行練習の日でした。 研究員の皆さん、報告会に向けて研究、調査に励んでおられる様子でした。 僕も頑張り…

研究テーマについて

ブログの最初に書きましたが この度、平成29年度の市民研究員に選ばれまして・・ 市民研究員として福岡市の市街化調整区域について研究をしようと思い このブログを開設したわけですが・・ まあ、なんやかんやと いよいよ本格的に調査やらが動き出したわけで…

スポーツツーリズムについて

市民研究員の定例会で 「スポーツツーリズム」が話題にあがりました。 スポーツツーリズム 要は「スポーツイベントに参加」して「開催地で観光」する みたいな感じですね。 マラソンや登山などが代表的な例のようです。 僕も今年の「熊本城マラソン」に参加…

志賀島金印まつり

志賀島で11回をかぞえる 「志賀島金印まつり」が 10月7日、14日、15日に開催されるそうです。 なかなか盛りだくさんのイベントで楽しそうです。 個人的には金印マラソンに参加したかったですね。 来年は是非エントリーしたいとおもいます!!

ローカルだからこそイノベーションは起こる

西日本新聞にこのような記事が掲載されていました。 「未来を創るU40の実践」というテーマで行われた地域づくりフォーラムについての記事です。 宗像でシェアハウスを経営しているU40オーナーさんの事例が紹介されています。 記事に中で 「貨幣経済に換算し…

住民の発起が出発点

福岡市は市街化調整区域の活性化のための施策として 定住化促進制度「市街化調整区域で”住”むこと」と 地域を指定した土地利用規制の緩和を行っています。 これら制度を発足させた経緯は 市街化調整区域での人口減少、少子高齢化の進展等に伴って 地域コミュ…

テクノロジーが社会問題を解決する

西日本新聞にこのような記事が掲載されていました。 『西日本新聞』 平成29年度8月28日 朝刊 日本でも自動運転の社会実験が本格的に動き出したようです。 市街化調整区域に区分されている区域は 山間部に位置することが多いため 都心と比べて公共交通手…

第4回 市民研究員 定例会

2017年にURCが調査した 「福岡を含む9都市のグローバル競争力を評価したレポート」 についてレクチャーを受けました。 その都市とは シアトル バンクーバー メルボルン ミュンヘン バルセロナ 釜山 ヘルシンキ ストックホルム そして 福岡の9都市です。 詳…

不動産の価値はコミュニティで決まる

市街化調整区域は、平成7年度をピークに人口が減少しはじめ、その影響による地域コミュニティの衰退が懸念されています。 福岡市は、市街化調整区域内の地域コミュニティの活性化を目論んで様々な施策を練っているわけです。 で、「コミュニティ」に関してい…

第3回 市民研究員 定例会

3回目の市民研究員定例会が開催されました。 今回は、市職員の方々から 「福岡市の都市政策」 「クリエイティブ産業による地域活性化」 というふたつのテーマに添った内容のレクチャーを受けました。 では、レクチャーを受けての感想を・・ 「福岡市の都市…

グリーンの効果

先日、参加したイベントで なかなか面白いハナシをききました。 それは 「デキル不動産仲介業者の営業マンは、物件の内覧のときに、部屋にあらかじめグリーンを仕込んでおく」 というのです。 そうすると、ぐっと成約率があがるとか・・ ホントかな〜とおも…

論文の書き方

今日、某大学の先生から「論文の書き方」について いくつかアドバイスをいただきました。 その中で、とても参考になった内容をひとつ・・ 先生曰く 「市街化調整区域の規制緩和」は施行されてまだ1,2年しか経過していないのだから、論文で、何かしらの結…

市街化調整区域の課題(農林水産業)

市街化調整区域が抱えている課題には、 少子高齢化による地域コミュニティの衰退だけに留まらず、 農業の担い手不足からくる「耕作放棄地」の拡大という問題も存在しています。 (市街化調整区域の基盤産業は、もちろん農林水産業です) 市街化調整区域の規…

グリーンのある暮らし

清川ロータリープレイスで開催された 「住環境のスペシャリストが語る、グリーンのある暮らし」 というトークイベントに参加しました。 ゲストトークは、スペースRデザインの吉原勝己さんとHINATA BOTANICAの益田日向さん 「グリーン」と「建物」と「まちづ…

平尾台(市街化調整区域)で民泊

北九州市平尾台で「国家戦略特区に基づく郊外型の民泊が誕生する」 とのニュースが西日本新聞朝刊に掲載されました。 市街化調整区域の空き家を利用しての試みだそうです。 どの自治体も市街化調整区域の活性化に力を入れているようです。 『西日本新聞』 20…

西日本新聞のコラムより

本日、西日本新聞朝刊で 藤浩志さんが連載コラムの中で市民研究員制度の事について触れられていました。 15年たった百道浜の「まちづくり」を検証していく中で、地域市民(とくに子供たち)の環境についての問題が浮き彫りになったようです。 『西日本新聞』…

「よみづらいブログだな」と思いながら

ブログをよみ返してみて なんだかミョーによみづらいとおもったら そのこたえが分かった。 それはたぶん「漢字」がおおいからだろう。 (そもそも文章がよみづらいというのもあるけど・・) 「市街化調整区域」「都市計画法」「市民研究員」 「抑制」「緩和…

ブログを開設しました。

はじめまして、ブログを開設しました。 私事ですがこの度、福岡アジア都市研究所(URC) が毎年一般から選抜する「市民研究員」に委嘱されました。 今年の研究テーマ(ミッション)は 「住んで、来て、楽しい福岡の街づくり 〜ポテンシャルを生かした新しい福…