福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

市街化調整区域について

都市計画法に基づく規制緩和

市街化調整区域の定住化促進への新制度は 都市計画法第34条第12号と 福岡市開発行為の許可などに関する条例第9条第3項に基づいたものです。 で・・実際、それらはどのような法律なのでしょうか。 都市計画法第34条第12号とは (都市計画法第34条) 市街化調整…

市街化調整区域で民泊

最近話題の民泊ですが そもそも市街化調整区域でも民泊ってできるのでしょうか。 一言に民泊といっても種類があります。 ひとつは 従来の「旅館業法」の許可をうけての民泊。 この場合、建物用途が住宅から宿泊施設へ変更しなければいけないので 原則、市街…

志賀島の区域指定について

市街化調整区域の定住のための促進制度を活用すれば 新たな建築物の建築や賃貸などが可能になります。 平成28年度8月22日にこの制度によって 福岡市東区志賀島の一部において規制緩和の区域が定められました。 この指定された区域内では (1) 一戸建て…

市街化調整区域のジレンマ

市街化調整区域は、人が住まないようにしている区域 であるといえるかもしれません。 それはまるで 「人は市街化区域に住んだほうがいい」。 「人は大きな自然を背に都会に寄り添いあって住むべきだ」。 そうあるべきだと・・ 市街化調整区域には様々な規制…

市街化調整区域の賃貸について

市街化調整区域の建物は 建築確認時の当初より賃貸用として建築されていない場合は 原則賃貸することはできません。 例えば農業用倉庫として建築したものを使わなくなったからといって、それを誰かに賃貸倉庫として貸すことはできないのです。 そうなると、…

市街化調整区域の人口推移

市街化調整区域の人口減少は以下のように推移しています。 平成7年 43,662人 (全体 1,284,795人) 平成12年 42,272人 (全体 1,341,470人) 平成17年 40,734人 (全体 1,401.279人) 平成22年 38,717人 (全体 1,403,743人) 平成27年 37,388人 (全体 1,53…

市街化調整区域の農業人口の推移

財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整区域の施策に関する研究Ⅱ 』 によると 福岡市の農業の戸数は 平成6年度時点では、約4,400戸あったものが 平成19年度には、3,148戸まで減少したそうです。 約3割の減少です。 また、販売農家(自給的農家以外)の6割…

市街化調整区域に内在するトレードオフ問題

市街化調整区域の抱える問題のひとつに 人口減少、少子高齢化による地域コミュニティの衰退があげられます。 『市街化調整区域の施策に関する研究Ⅱ』によると 「市街化調整区域の特性として、全体的な高齢化率はたかいが 都市部と比べて移動性が低いため、コ…

JAが就農支援の研修施設を

西日本新聞に 「九州のJAが就農希望者を対象とした研修施設を相次いでスタート」 という記事が・・ この中で JA福岡市東部が 福岡市東区の市街化調整区域である志賀島で 「イチゴ栽培のための施設が建築中である」 という市街化調整区域の土地利用規制緩和を…

コンパクトシティと都市計画地域

福岡市は「コンパクトシティ」であると良くいわれます。 空港が都市に近い 通勤時間が大都市に比べて短い 比較的短い時間で田舎(緑豊かな場所)に行ける。 さらに 大都市と比べ物価が安い。 情報、モノ、教育、仕事、医療、福祉がある程度揃っている。 食べ…

沿道サービス施設指定路線沿いの開発について

前回に引き続き 博多区の市街化調整区域について・・ 博多区のような都市部でも 市街化調整区域では基本的に 開発行為は抑制されています。 しかし、この写真を見てみると 農地の横に飲食店が建てられています。 建てられている場所は市街化調整区域です。 …

博多区の市街化調整区域

福岡市の市街化調整区域は主に 都市計画区域の周辺部に位置しています。 (その中でも、特に西区や早良区に多く定められています)。 ところで市街化調整区域は 周辺部だけでなく都市の中心部にも定められているのでしょうか。 この地図は、福岡市の都市計画…

地域産業の振興に寄与する建物

土地利用規制の緩和は、 平成28年6月に制定された新しい制度です。 この制度を活用すれば 指定された地域内で 地域住民等による合意形成がなされていると認められる場合 農林水産業や観光など地域産業の振興に寄与する建築物の立地が可能となります。 この「…

住民の発起が出発点

福岡市は市街化調整区域の活性化のための施策として 定住化促進制度「市街化調整区域で”住”むこと」と 地域を指定した土地利用規制の緩和を行っています。 これら制度を発足させた経緯は 市街化調整区域での人口減少、少子高齢化の進展等に伴って 地域コミュ…

生産緑地と市民農園

西日本新聞にこのような記事が掲載されていました。 「生産緑地」とは市街地にある農地を対象に 30年間営農を続け、農業関連以外の建物を建てないことを条件とし 地主が固定資産税の優遇や相続税の納税猶予特例を受けられる農地のことをいいます。 実はこの…

市街化調整区域の標高差

市街化調整区域の立地は概ね山間に位置しています。 この図をみればそのことは一目瞭然です。 土地に標高差が多いと どうしても宅地造成の際に手間がかかってしまいます。 手間がかかるということは それだけお金がかかるということです。 それだと、もしか…

市街化調整区域の世帯分析

市街化調整区域の世帯数は 16,085世帯です。 一方で 市街化区域の世帯数は それのおよそ38倍にあたる 616,614世帯にあがります。 (平成17年の国税調査なのでデータがちょっと古いですが・・) それではその世帯の中身がどのような年齢層で構成されている…

市街化調整区域にワイナリーを

福岡市は市街化調整区域の活性化のための施策として 定住化促進制度「市街化調整区域で”住”むこと」とは別に 地域を指定した土地利用規制の緩和を行っています。 こちらの制度は市街化調整区域に”住む”ための制度ではなく 市街化調整区域で”しごと”を生み出…

市街化調整区域の生活交通の課題

市街化調整区域の通勤、通学事情でも述べましたが 市街化調整区域は地理的に都市計画区域でも外側に位置するため どうしても交通事情に不便さが伴います。 福岡市都市局「福岡都市圏における公共交通機関に関する調査 」によると 高齢化が進む丘陵地など公共…

「市街化調整区域で”住”むこと」について

福岡市がすすめる市街化調整区域への定住化促進制度には 平成27年12月に改訂された 「市街化調整区域で”住”むこと」 と 平成29年3月に発行された 「市街化調整区域で”住”むこと」新制度版 のふたつがあります。 通常、市街化調整区域内の土地や建物では 土地…

市街化調整区域の建ぺい率と容積率

市街化調整区域は 原則として建物を建てることが規制されている区域です。 また、市街化区域のように用途地域が指定されていません。 なぜなら市街化調整区域は 市街化区域の様に一定規模での同用途の集積を目指すものではないからです。 市街化調整区域が目…

市街化調整区域に住んでいる人の特徴

財団法人福岡アジア都市研究所 がまとめたレポートによると 「福岡市の市街化調整区域に住んでいる人の特徴」として 農地の割合が大きい市街化調整区域では 当然として、農業従事者が多いが その中でも特に兼業農家の割合が高いとあります。 これは専業農家…

市街化調整区域とは 

市街化調整区域とは市街化を抑制すべき区域のことをいいます ただし、開発行為や建築行為が完全に禁止されているわけではありません たとえば開発行為では ・駅舎、図書館、公民館、変電所などなどの公益上必要な施設 ・農林漁業の用に供する一定の建築物(…

市街化調整区域に住むには

市街化調整区域では 市街化区域と比べて人口が減少し 地域コミュニティの衰退が懸念されています。 その一方で、ライフスタイルが多様化する中 自然豊かな場所で住みたい 「田舎暮らし」がしたい という声があるのも事実です。 福岡市における市街化調整区域…

市街化調整区域の通勤、通学事情

福岡市は、「平均通勤、通学時間」が34.5分と7大都市圏中もっとも短く 世界40都市中の「通勤、通学の利便性」にいたっては、シンガポールに次いで第2位となっています。 これだけをみても 福岡市は、世界に誇るコンパクトシティといえそうです。 それでは…

市街化調整区域の住宅事情

市街化調整区域は、なんとなく、一戸建てが多くて 市街化区域は、集合住宅(マンション、アパート)多い というイメージをお持ちでないではないでしょうか。 実はその通りなんです。 こちらの図は「戸建て住宅率」を表しています。 ※福岡の市街化調整区域の…

市街化調整区域の将来像

財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整区域の施策に関する研究Ⅱ』は 「地域住民の合意のもとで、地区計画や集落地区計画を策定し、建築物の物理的な制限や用途制限をかしたり、地域全体の集約化を図ったりすることで、住みやすい住宅地になるよう誘導し…

市街化調整区域の人口

福岡市は、人口、世帯数ともに増加しています。 しかし、これは、市街化区域に限ったことで、市街化調整区域においては人口、世帯数ともに減少傾向にあるといえます。 平成17年の国税調査によると(ちょっと古い情報ですが・・) 福岡市の市街化調整区域の人…

市街化調整区域の震度階級

地震関連で、もうひとつ 「警固断層南東部がM=7.2でゆれた場合」を想定した 福岡市の震度予測というものがあります。 警固断層とは大雑把にいうと西鉄大牟田線沿いに通っている活断層のことです。 研究者(地震調査研究推進本部地震調査委員会)によると 今…

市街化調整区域の耐震基準について

日本の耐震基準は昭和53年の「宮城沖地震」をきっかけに、昭和56年、大幅に見直されました。 また、平成7年の「阪神、淡路大震災」をきっかけに、平成12年にも、耐震基準はより強化されました。 今では、震度7程度の大規模地震でも倒壊を免れる耐震強度が義…