福 岡「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

市街化調整区域の耐震基準について

日本の耐震基準は昭和53年の「宮城沖地震」をきっかけに、昭和56年、大幅に見直されました。

また、平成7年の「阪神、淡路大震災」をきっかけに、平成12年にも、耐震基準はより強化されました。

今では、震度7程度の大規模地震でも倒壊を免れる耐震強度が義務付けられています。

 

一方で市街化調整区域では、昭和45年の線引後、開発行為が抑制されているので、線引以前に多くの建物が建てられ、それ以降はあまり建物が建てられていないはずです。

だとすれば、昭和53年度以降に強化された耐震基準を満たしていない木造建築物が多く存在しているのではないかと想像します。

(このあたりは、今後調査していきたいと思います)

 

福岡市では、昭和53年以前に建てられた木造建築物の耐震診断ならびに耐震化工事を推進しており、案件によっては助成金や免税なども使えるそうです。

 

こちらに詳しく掲載されています。

 

一般社団法人 福岡市耐震推進協議会

福岡県 耐震診断アドバイザー派遣制度

公益社団法人 福岡県建築士会