福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

市街化調整区域の住宅事情

 

市街化調整区域は、なんとなく、一戸建てが多くて

市街化区域は、集合住宅(マンション、アパート)多い

というイメージをお持ちでないではないでしょうか。

 

実はその通りなんです。

 

こちらの図は「戸建て住宅率」を表しています。

f:id:fukuoka-shigaika:20170811000423j:plain ※福岡の市街化調整区域のエリアはこちらを参照してください

市街化調整区域は、ほとんどまっ茶色(戸建て率60%)ですね。

 

一方でこちらの図は「集合住宅率」を表しています。 

f:id:fukuoka-shigaika:20170811000436j:plain

こちらも分かりやすく、市街化区域は真っ赤(集合住宅率70%)な部分が多いです。

 

 平成17年の国勢調査によると(ちょっと数字が古いですが・・)

 

「戸建住宅率」

市街化調整区域:61.9% 市街化区域:24.0%

 

「持ち家率」

市街化調整区域:65.3% 市街化区域:37.4%

 

共同住宅」は

市街化調整区域:36.8% 市街化区域:73.4%

 

市街化調整区域では、大規模な共同住宅の建築が制限されているため

このような結果になるのは、当然です。

 

 参照:財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整茎の施策に関する研究(中間報告)』平成21年3月