福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

市街化調整区域の通勤、通学事情

福岡市は、「平均通勤、通学時間」が34.5分と7大都市圏中もっとも短く

世界40都市中の「通勤、通学の利便性」にいたっては、シンガポールに次いで第2位となっています。

これだけをみても

福岡市は、世界に誇るコンパクトシティといえそうです。

 

それでは、福岡の市街化調整区域の通勤、通学事情はどうでしょう

 

以下の図は、福岡都心部天神からバスや鉄道などの公共交通機関を使っての時間到達範囲を表したものです。

f:id:fukuoka-shigaika:20170815114953p:plain

 

市街化調整区域の地区は軒並み赤色(60分より大)でマーキングされています。

これだと 市街化調整区域からの通勤先が天神周辺だとすれば

通勤時間は60分程度かかることになります。

 

この状況をどのように捉えるかは人それぞれだと思いますが

市街化調整区域における都市までのアクセスの不便さという課題は、今後色々な側面から検証するべきかなと思いました。

 

 参照:財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整茎の施策に関する研究(中間報告)』平成21年3月 

    Fukuoka Facts データで分かるイイトコ福岡