福 岡「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

市街化調整区域とは 

市街化調整区域とは市街化を抑制すべき区域のことをいいます

ただし、開発行為や建築行為が完全に禁止されているわけではありません

 

たとえば開発行為では

・駅舎、図書館、公民館、変電所などなどの公益上必要な施設

・農林漁業の用に供する一定の建築物(ビニールハウス、畜舎等や生産、集荷に使う建築物)

農林水産業を営む者の居住するための建築物(農家住宅)

・非常災害のため必要な応急処置としての施設など

これら建物の建築のための開発行為を行う場合の開発許可は不要です。

 また、農林漁業の用に供する貯蔵、もしくは加工に必要な建築物など一部の条件にあてはまる建物については

都道府県知事の許可をえて建築できる場合もあります。

 

また

 

・市街化調整区域では原則として用途地域は定めることができません。

・市街化調整区域では市街地開発事業は定めることができません。

・市街化調整区域では都市施設は定めることができます。

 

 都市施設(ざっくりいうとインフラ)を定めることはできますが

整備するには多額のお金(税金)がかかります。

よって都市計画区域において効率的に都市施設を整備するには

線引区域区分)を定めることが重要となります。