福 岡「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

テクノロジーが社会問題を解決する

 西日本新聞にこのような記事が掲載されていました。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170828211822j:plain

西日本新聞』 平成29年度8月28日 朝刊

 

日本でも自動運転の社会実験が本格的に動き出したようです。 

 

市街化調整区域に区分されている区域は

山間部に位置することが多いため

都心と比べて公共交通手段に限りがあります。

f:id:fukuoka-shigaika:20170828211838j:plain

 

この図は、福岡市内のバス路線運行図です。

この図をみると

市街化調整区域に区分されている 区域

の運行回数は市街地とくらべて多くはありません。

 

市民の足を担う、西鉄バスなどの民間企業は経済合理性から

どうしても採算性の悪い路線は継続しづらくなると思われます。

これから少子高齢化が進むと、まずは山間部の人口から減っていきます。

そうなると、山間部の路線廃止の傾向はより顕著になると予想します。

 

 また、市街化調整区域に住む高齢者の方で

今は運転ができている方でもいづれできなくことを考えると

高齢者の日常生活に影響がでてくると思われます。

 

で、今回の西日本新聞の記事ですが

 

以上のようなこれから起こるべきであろう

市街化調整区域(特に山間部)の社会的課題を予想すると

この記事はパラダイム・シフト的なニュースではないでしょうか。

 

今後、自動運転やAIなどテクノロジーの進化から目が離せません。

 

参照:財団法人福岡アジア都市研究所  『市街化調整区域の施策に関する研究II 』