福 岡「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

用途地域について

市街化調整区域の住宅事情を深掘りする上で

用途地域について少し触れておきます。

 

用途地域とは

建築物の用途、容積率、建ぺい率などについて

規制する地域のことをいいます。

都市計画区域のなかでも

市街化区域について定めますが

市街化調整区域には

原則として定めません。

 

用途地域

すべてあわせて12種類あります。

f:id:fukuoka-shigaika:20170901143121j:plain

 

第1種、第2種低層住宅専用地域

閑静な住宅地をイメージしてください。

 

第1種、第2種中高層住宅専用地域

マンションが立ち並ぶ地域です。

「平尾」「小笹」の住宅地がそれにあたります。

 

第1種、第2種住居地域

ホテルや一般的な店舗も建築可能な住居地域です。

「赤坂」「警固」「六本松」辺りの住宅地ですね。

 

準住居地域

道路の沿道付近に位置する区域です。

「筑紫通」沿いの一部などがそれにあたります。

 

近隣商業地域

近隣の住宅地の住民に対しての商店街のような地域です。

けやき通りや桜坂の通り沿いなどがそれにあたります。

 

商業地域

主として商業を行う地域です。

「天神」「博多駅」「薬院」あたりの駅周辺の地域がそれにあたります。

 

準工業地域

町工場などがポツンポツンとある地域です。

駅から少し離れた、「長浜」「竹下」「東比恵」の一部などがそれにあたります。

 

工業地域、工業専用地域

工業の利便を増進する地域です。

空港沿いの「板付」「半道橋」の一部

造船所近くの「荒津」あたりがそれにあたります。

 

ちなみに私の住んでいるところ(南区)は

第1種住居地域に区分されていました。

でも道を挟んで向こう側は準工業地域ですし

「日赤通り」沿いは近隣商業地域となっています。

用途地域はけっこう細かく設定されているのです。

 

まあ、実際自分の住んでいる場所がどの用途地域なのかなんて

気にしている人はいないでしょうけど・・

 

気になる方がコチラから確認できます。