福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

建ぺい率と容積率について

 

用途地域などでは

建ぺい率容積率が指定された場合

その指定された制限の範囲内でしか建物が建てられません。

 

建ぺい率とは

建築物の建築面積に対する割合です。

建ぺい率の割合が大きいほど

建築面積は大きくなり、空地面積は小さくなります。

 

容積率とは

建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合です。

 

 

例えば、100㎡の敷地面積で

「建ぺい率50%:容積率100%」

の制限があるとすれば

ざっくりいうとこのような建物が建てられます。

f:id:fukuoka-shigaika:20170902093650j:plain

 

敷地面積100㎡に対して50%の建ぺい率だと

50㎡のたて床面積の建物が建てられ

容積率が100%であれば

延床面積が100㎡まで広げられます

よって2階建ての建物がたてられるわけです。

※厳密にいうと同じ用途地域でもその地域や立地によって制限が厳しくなったり緩和されたりするので市の都市計画課に聞いてみなければわかりません。

 

用途地域内で比べると

第1種、第2種低層住宅専用地域では

建ぺい率容積率の制限が大変厳しく定められてします。

たとえば、中央区の「笹岡」の住宅地は

第1種低層住宅専用地域に指定され

建ぺい率は50% 容積率は80%と定められています。

 

その一方で商業地域の代表でもある

「天神」のように

「建ぺい率80% 容積率800%」

なんて制限をゆるやかにして高層ビル化を促進している地域もあります。

 

最近話題の「天神ビックバン構想」では

容積率を最大で1400%まで緩和するというおハナシのようで

ますます、都市の高層化が進むみたいです。