福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

生産緑地と市民農園

西日本新聞にこのような記事が掲載されていました。

 

f:id:fukuoka-shigaika:20170922103604j:plain

 

生産緑地とは市街地にある農地を対象に

30年間営農を続け、農業関連以外の建物を建てないことを条件とし

地主が固定資産税の優遇や相続税の納税猶予特例を受けられる農地のことをいいます。

 

実はこの生産緑地

ちまたでは、2022年に1972年に設定された生産緑地法の期限が切れ

膨大な土地が動き出すという憶測があります。

 

そこで、急激な生産緑地の宅地化を防止するため

期限がきれた生産緑地を個人や企業などに賃借できる新法案を設けるようです。

企業が農地を借りて、市民農園などを運営すれば結構需要がありそうです。

 

ハナシは市街化調整区域の農地に移ります。

市街化調整区域は市街地ではないので「生産緑地問題」は関係ないのですが

福岡市の市街化調整区域の農地は、地理的にも都市近郊に位置し

車を使えば1時間前後で行き来できる距離にあります。

このアクセスの良さは、さながら「都市農地」といってもいいのではないでしょうか。

 

財団法人福岡アジア都市研究所『市街化調整区域の施策に関する研究Ⅱ』によると

「市街化調整区域の農業は、産業としての農業だけでなく

隣接の都市部(消費地)を意識し、農村集落と都市部を結びつけるための農業であることが必要」

とあります。

 

その具体的な例として

「地域循環型農業」

生ゴミやコンポストの活用

「地域交流型農業」

市民農園などでの農業体験

などがあげられています。

 

 

市街化調整区域の土地利用規制緩和の施策において

これから「農業」という要素が増々重要になってくるように思います。