福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

住民の発起が出発点

福岡市は市街化調整区域の活性化のための施策として

定住化促進制度「市街化調整区域で”住”むこと」

地域を指定した土地利用規制の緩和を行っています。

これら制度を発足させた経緯は

市街化調整区域での人口減少、少子高齢化の進展等に伴って

地域コミュニティの維持、活性化が大きな課題となっているからです。

 

しかし、実際に市街化調整区域内に住む住民が

地域コミュニティの衰退をひしひしを感じ

「なんとかせないかん!」と思っているのかというと

そのあたりは、まだ分かりません。

 

もしかすると、地域住民にとって

緩やかな人口減少による

緩やかな地域コミュニティの衰退という

穏やかな環境の変化は

 

それが、自分たちにとって直接的で緊急な危機でない限り

「今すぐ、なんとかせないかん!」という

考えや行動に移す動機になりにくいのかもしれません。

 

まあ、このあたりの事は

市街化調整区域の人たちに限ったことではなく

みんな同じなんですけど・・

 

なにはともあれ、新制度を活用するには

まず、指定集落に住む住民の発起が出発点になりますので

住民の方の「なんとかせないかん」という

おもいみたいなものが大事な要素になります。

 

ところで、今までに住民からの発起ではなく

外部からの誘発による内部の喚起みたいなものって、あったのでしょうか。

色々とリサーチしていきましょう。