福 岡 市「市街化調整区域」 探 訪

福岡市の市街化調整区域に関する情報を発信します。

仮説はなにもたてなかった。

沢木耕太郎は小説の中でこう記している。

「知らなければ知らないでいいんだよね。自分が知らないということを知っているから、必要なら一から調べようとするだろう。でも、中途半端に知っていると、それにとらわれてとんでもない結論を引き出しかねないんだ」

 

僕は、福岡市の「市街化調整区域」の実状をほとんど知らない。

だから、まずは、現場に出向いて足を使って知ろうとした。

 

他県の市街化調整区域活性化対策などをリサーチしなかった。

 

提言の為の仮説はなにもたてなかった。

 

論文作成において効率は悪いかもしれないが、

「仮説」をたてることで、バイヤスがかかってしまうことを一番に恐れた。

 

なぜなら、聴き取り調査がただの誘導尋問のようになりそうだからだ。

 

おかげで、聴き取り調査はオープンマインドの状態でできたと思う。

結果的におもしろく、興味深い話が聴けた。

そして、話はどんどん広がっていった。

 

今は、その話をひとつひとつ繋げながら論文にまとめている。

 

まだ、これから調査し足りない部分が結構残っているが・・・